本文へ移動

サニースタッフブログ

スタッフブログ

こちらのブログでは、弊社の開発品紹介・各種測定機器紹介・シール、ラベルについてのお役立ち情報などをご紹介していきます。

地鎮祭について

2021-11-17
カテゴリ:その他
NEW
皆さんはじめまして。今回はじめてスタッフブログを担当させていただきます、経営企画室のHです。

頬をつねっても痛くは感じないくらいに夜風が冷たくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はスマートウォッチに歩数が少ないと指摘され、1日1万歩を目標に夜ごと散歩する日々です。夜の空を見上げながら歩いていると、流れ星や宇宙ステーションを見られることがあります。毎日散歩していると、流星群の時期でなくても毎月1,2回は流れ星を見かけ、ときには火球と呼ばれる大きな流れ星にも出会います。心身の健康のためにも、そして流れ星を見かけるたびに「世界平和」を3回唱えるためにも夜の散歩を続けていきたいと思っています。

さて、弊社では、敷地南側の管理棟の増築を予定しております。増築部分には、社長室、会議室のほか、ビデオ会議や個別面談に利用できる個室を設ける予定です。これによりコロナ禍で確立されたオンライン商談・面談の習慣を継続し、遠方のお客様との打ち合わせの利便性が確保されることが期待されています。

本日は、去る11月9日に執り行われました、同管理棟増築の地鎮祭についてご紹介いたします。地鎮祭とは、建物を建てる前にその土地の神様へご挨拶をし、工事の安全と建物が末永くその場所に建っていられることを祈願する儀式です。地元の神社から神職の方をお招きし、施工していただく建設会社の方々と、会長・社長をはじめとした弊社役員、幹部社員が参列いたしました。

お清めを行い、緊張感の張り詰めた荘厳な雰囲気の中、地鎮祭が始まりました。
地鎮祭では、その中でいくつかの儀式が行われます。例えば、その土地に建物を建てることを神様に告げ、以後の工事の安全を祈る祝詞奏上
土地の四隅をお祓いし清める四方祓
鍬入れの儀では、社長が鍬入れを行いました。
榊の木に四手を麻で結んだ玉串は神様と人間の橋渡しをするものとされており、社長・会長が心を込めて奉納しました。
最後に御神酒に口をつけて地鎮祭は終了しました。
新しい管理棟では材料に木材・ガラスが多用され、開放感と温かみを兼ね備えたデザインとなる予定です。新しい会議室や個室で、社員間のコミュニケーションやオンラインでの社外打ち合わせがより活発になることが期待されています。また、設備面だけでなく制度面からも働きやすい職場環境を構築できるよう、フリーアドレス制やフレックス制などの検討・トライアルを日々行っています。無事に工事が完了し、新しい管理棟で働けることが楽しみです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。


オリジナル制服作成

2021-11-17
カテゴリ:その他
NEW
皆さんこんにちは。開発係のAです。

つい先月まで暦の上では秋なのに
いつまでも暑いな・・・とウンザリしていたのですが、あっという間に気温が下がり、冬が始まりましたね。


最近は、近所の広場にコスモスを見に行きました。


感染症の影響で昨年から外出の機会もめっきり少なくなっていましたが、
外の空気を吸って景色を眺めながら季節の移り変わりを感じると気持ちが良く、免疫力向上にも良い影響があるなと感じました。
心身の健康の為にも、感染症対策をしつつ外出の機会も大切にしたいですね。
さて、今回は『オリジナル制服作成』についてご紹介したいと思います。

弊社では以前から無地の黒いポロシャツを制服として採用していましたが、
より会社としての一体感を高め、社員のモチベーションアップにもつなげたいという想いから
オリジナルのロゴを使用した制服を作成することになりました。

弊社にはもともとロゴマークとして使用しているテントウムシのマークがありますが
これをそのまま流用するのも何だか味気ない・・・ということで、
イラストが得意だという技術開発課のAさんにデザイン案作成の白羽の矢が立ちました。
Aさんは今年の4月に入社したばかりの新入社員ですが、入社1か月後の5月から数か月間、
このミッションに取り組みました。大仕事を任され、戸惑いやプレッシャーもあったかと思いますが、
このようにたくさんのデザイン案を、日々の業務と並行しながら考えてくれました。
約半年間、デザインしてはアドバイスを受け、練り直し・・・と熟考と再校正を重ねた結果、
最終的にこちらのデザインが承認され、決定しました!!
正式決定ユニフォーム(夏服)
こちらのデザインに込めたメッセージやデザイン時の苦労などを技術開発課Aさんに伺いました。

【デザインに込めたメッセージ】

「こちらのデザインは『Suuny』という文字の『S』の上の一部分が、太陽に見えたため、
光が差しているような線をいれて太陽を表現しました。また、それだけでは寂しかったので、
『y』の下の一部伸ばし、セパレーターに見立て『Sunny』の『S』以外の部分を『y』でまとめました。」


【デザイン時の苦労】

「デザインすること自体が初めてだったため、最初は全くアイデアも出てこず苦労しましたが、
他のロゴを見たり、ロゴの制作方法を見たりする事でアイデアを出す事が出来ました。
苦労もありましたが、イラストレーターの操作方法や、デザインについても教えて頂きながらだった為、
学ぶ事が多く自分自身の成長に繋がりました。このような機会を頂けて大変有難かったです。」



Aさん、素敵なデザインをしていただきありがとうございました!!

光が差している太陽のイメージということで、
サニー・シーリングという会社名にふさわしい、元気が出るロゴだなと感じました。

もともと使用しているテントウムシマークとともに、こちらのロゴマークも大切に使用していきたいと思います。


弊社にはFacebook、Twitterのアカウントもございますので「こんな記事が読みたい!」などのご要望や、
記事のご感想などございましたらお気軽にコメントいただけますと幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

サツマイモのおすそわけ

2021-10-26
カテゴリ:その他
母智丘からの都城
母智丘からの都城
皆さんこんにちは。 品質保証部のTです。

早いもので今年度も もう半分過ぎてしまいましたね。
10月に入り、先週までは気温の高い日が続いていましたが、今週は急に気温が下がり、朝夕は上着がないと寒さを感じる今日この頃です。

寒いといっても、昼間は暑かったりして 季節の変わり目のこの時期は寒暖差で体調を崩す方も多いのではないでしょうか。
もしかすると、その体調不良の原因は『寒暖差疲労』かもしれません。
人は体温の調節をする際、自律神経を使って体の機能を動かすことで 体温を上げたり、下げたりしているのですが、その働きが一日のうちに何度も切り替わると自律神経が過剰に働き、疲労を体に溜め込んでしまうそうです。
そうなると、肩こりやめまい、食欲不振、睡眠障害など色々な不調が現れてきてしまいます。。。

適度な運動、冷たい飲み物を飲まない、シャワーではなく湯船につかる・・・など手軽に出来ることもありますので、皆さんも寒暖差に負けない体づくりをしていきましょう♪
さて、今回は『サツマイモ』についてご紹介したいと思います♪
サツマイモといえば、私の幼少時代は『芋ほり遠足』というものがあり、みんなでどろんこまみれになりながら芋ほりをして、大きなサツマイモを持ち帰り 家族に喜んでもらった記憶があります。
秋の味覚は色々とありますが『サツマイモ』も代表的な秋の味覚のひとつですよね!

先日、弊社のOさんがご実家で収穫したサツマイモを大量に持ってきてくれました。
差し入れしてくれたこのサツマイモ。話を聞くと、なんと!あの『紅はるか』とのこと。。
皆さんはこの『紅はるか』をご存じでしょうか。
紅はるか
地元 都城で誕生したこの『紅はるか』は、約10年もの時間をかけて開発され、今や日本一の糖度を誇る!といわれているサツマイモなんですよ♪
他のサツマイモは焼き芋にすると糖度が50度程度だそうですが、この『紅はるか』は糖度60度にもなるそうです。ちなみに、一般的な果物の糖度は10~20度くらいなので、『紅はるか』の焼き芋は そのままでスイーツになっちゃいますね!

サツマイモは貯蔵してから甘さが増すという特徴があるようです。
収穫してから40日程度熟成させるとさらに甘みが増すので、この熟成の工程がとても大事な工程なんだそうです。
スイートポテト作りました
美味しい食べ方は、やはり焼き芋にするのが一番だそうですが、癖がなくて和菓子屋や洋菓子でも美味しくいただけるようなので、皆さんもお店で見かけたら 是非一度食べてみてくださいね♪

Oさん、差し入れありがとうございました!
私は焼き芋ではなく料理の方で とても美味しくいただきました♪
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

インターンシップ生受け入れについて

2021-10-01
カテゴリ:その他
皆さんこんにちは。開発係のAです。

9月13日~17日の5日間弊社にインターンシップ生が来てくれました!

私も学生時代にインターンシップ制度を利用して県内の土壌や水質を分析する企業に職業体験に行かせていただいたのですが、その当時は同年代のなかでしか過ごしたことがなかったので、年上の社会人の方達のなかに飛び込んで質問することや業務の補助をさせていただくことは緊張の連続であったことを思い出しました。また、バリバリと働いていらっしゃる社会人の先輩方のご活躍を見て、将来の社会人生活への希望が膨らんだことを思い出し懐かしい気持ちになりました。
今回弊社のインターンシップに参加いただいたのは、都城工業高等専門学校の電気情報工学科4年生のお二人です。

お二人には5日間、シール製造部とスリット加工課、生産技術課にて実習を受けていただきました。

シール製造部では印刷で使用する版作成から印刷、検査、出荷に至るまでの工程体験・見学、スリット加工課ではお客様の支給材料をバリやダレなく精密にスリットする加工技術の見学、生産技術課では機械制御ソフトのプログラム実習をしていただきました。

普段馴染みのない内容ばかりだったと思いますが、5日間真摯に取り組んでいただきました。
さらに、同じ都城工業高等専門学校出身の社員との座談会も企画。お二人からのOBへの仕事や社会人生活についての質問に答える機会を設けました!

OBの進路選択の経緯や学生時代の思い出、学生時代にやっておいたほうがいいことなどについてお話しました。

当時、私自身もたくさん悩みましたので何かの助けとなっていたら良いなと思います。


また、お二人から5日間を終えての感想をいただきましたので以下に掲載させていただきます。

・Aさん
「今回のインターシップでは、スリット課で研修を受けさせて頂きました。材料をスリットする作業は見た目以上に細かく難しいものでしたが、これが高品質である理由が分かりました。

また、高専を卒業された先輩方との座談会もありました。そこでは、会社のことや学生の時のお話を聞くことができ、自分の進路の参考になりました。このインターンシップでの5日間は自分にとってとても有意義な経験でした。」


・Kさん
「今回のインターンシップでは、約5日間シール製造の研修を受けさせて頂きました。大変貴重な経験をさせて頂き、驚きの連続でした。

特に驚いたことは、製造されたシールが1枚1枚全て検査されていたことです。1日にとてつもない量が製造されているシールを機械を上手く利用し、すばやく検査していました。これが高品質を保証している理由なのだとわかりました。
また、社員同士の連絡にスマホ(社用スマホ)とLINE(LINE Works)を使っていたことにも驚きました。何か連絡があればその人に電話をかけており、業務の効率化が行われていることが分かりました。

このインターンシップで私は、生活を支えている製品がどのような人達のおかげで作られているのか知ることができました。とても有意義な、代えがたい体験でした。」


弊社での体験がお二人の今後の進路に役立つものになっていたら幸いです。

また、弊社では随時インターンシップ生の受け入れを行っておりますので、
ご興味がありましたらお気軽にこちらにお問合せをお待ちしております。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


弊社の感染症防止対策について

2021-09-22
カテゴリ:その他
皆さんこんにちは。開発係のAです。

日が暮れるのが早くなり、秋を感じさせる季節となってきましたね。

コロナ禍ですっかり外出の機会も減り、最近はネットショッピングにお世話になりっぱなしです。ネットだと都城のお店ではなかなか見かけないものも気軽に購入できるので、ありがたいですね。

先日は筋膜ローラーを購入しました。Youtubeで使用方法を観ながら、あちこち凝り固まった筋肉をほぐすと気持ちがいいです。ストレッチもたまにしますが、結構痛くて気づかないうちにリンパが詰まっていることに毎回驚きます・・・。

習慣化して、痛みを感じず行えるくらいの健康体目指してがんばります!!

さて、今回は弊社のコロナ対策についてお話させていただきます。

宮崎県でも、一時期、コロナ陽性者が急増し、県独自の緊急事態宣言なども出されました。弊社も、昨年3月以来、コロナ対策に力を入れております。

まずは出社時に体温を測る顔認証自動検温器を昨年4月から導入しています。

社員一人一人の顔を登録して、出社時に全員の体温が正常であることを確認・把握できるようになっています。

さらに出社時、10時、昼休憩後に消毒作業のアナウンスを行いこまめに作業場所の消毒作業をしています。
また、密集を避けるため社員の分散配置を行っています。

こちらは会議室を使用して分散を行っている様子です。
万一、社員に陽性者がでた場合、特定の部署が稼働不可能になるのを防ぐため、同じ部署の社員を数人ずつ違う部屋に配置し、部署全体が出社不可などの事態にならないように備えております。

パソコンでの作業が主な部署ではテレワークを適宜取り入れて出社率を下げて職場の密を避けています。
テレワークを導入したことで、社員のお子さんが熱を出してしまった際にも看病のかたわら業務を行えます。
また、家族など近親者で感染疑いがあり出社を控えたい場合にも臨機応変に対応できるようになりました。

また、デスクとデスクの間にパーテーションを設け飛沫抑制を行っています。
このパーテーションは技術部が一生懸命、制作してくれたものです!

お客様との商談スペースについてもアクリルの衝立設置、使用後の消毒作業の徹底を行っておりますので、ご安心いただければと思います。
ZOOMなどを使用したWEBでの商談・ご面談にも力を入れておりますのでご用件がありましたらお声かけいただけますと幸いです。

コロナ禍の終わりがなかなか見えない中で、社員全員が試行錯誤しながら、感染対策を実施しております。

まだまだ収束の兆しは見えませんが、臨機応変に対応していき、お客様にご不便をおかけしないよう業務遂行していきますのでラベルや複合加工・スリット加工についてご用命・ご質問等ございましたらお気軽にこちらからお問合せくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。
TOPへ戻る