本文へ移動

サニースタッフブログ

スタッフブログ

こちらのブログでは、弊社の開発品紹介・各種測定機器紹介・シール、ラベルについてのお役立ち情報などをご紹介していきます。

印刷手法についてのご紹介 第2回

2021-06-28
カテゴリ:業務紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。

こちら都城は5月の中旬から長い梅雨の期間を過ごしております。
梅雨の時期は湿気に悩まされますが、湿気は物だけでなく身体にもこもるそうです。適度に運動をして汗を流すことで体にこもった湿気を発散できるらしく、私は軽い筋トレやストレッチを取り入れて毎日少しでも体を動かすようにして日々スッキリ過ごせるようにしております。
皆様もぜひお試しください。

さて、今回は前回に引き続き印刷手法についてお話します。
(前回の記事はこちらからご参照いただけます。)
前回は、凸版印刷・凹版印刷・平版印刷についてのお話でした。
今回はスクリーン印刷・オンデマンド印刷についての記事になります。
◆孔版印刷(スクリーン印刷)
孔版印刷とは、穴が開いている部分(インキを乗せたい部分)と空いてない部分(インキを乗せたくない部分)のメッシュ状の版を作り印刷する印刷手法です。そのメッシュ状の版の上にインキを流し込みスキージと呼ばれるヘラでインキをしごきます。すると図のように穴が開いている部分から被印刷物へインキが転写されます。

版面が柔軟なため他の印刷手法では困難な曲面への印刷も可能であり、印圧も低いため陶器のような壊れやすいものへの印刷にも対応できるというメリットがあります。
デメリットとしては、専用のメッシュ状の版を作成する必要があるため印刷部数が少ないと料金が割高になることや、使用するメッシュの径によっては網点がつぶれてしまうなどが挙げられます。

スクリーン印刷はステッカー類、計器板、プリント配線、パソコンなどのキーボード、布やガラス、金属プラスチック、液晶など幅広い印刷に用いられています。

なお、当社のスクリーン印刷部門は、一般的な工業用銘板等の印刷品を「一般スクリーン印刷」と呼び、光学フィルムや医療機器向け製品など、よりクリーン度と精度を求められる製品を「精密スクリーン印刷」と呼称しています。双方ともクリーンルーム内製造ですが、後者の方は、よりハイクラスのクリーンルーム(クラス1000、実質500レベル)で製造しています。印刷機もカメラ撮像による自動位置補正機能を有していますし、他にも印刷有効面積500㎜角に対応した大型製版設備や画像測定器も保有し、品質管理をおこなっています。

◆オンデマンド印刷
オンデマンド印刷とは「必要な時に必要なものを必要な部数だけ印刷する」といった考え方を元に開発されたシステムで、他の印刷手法とは違い版を使用しません。
当社が採用しているのはオンデマンド印刷のなかのインクジェット方式と呼ばれる方式のもので、インクに熱や圧力をかけて小さなインク滴にして紙に吹き付ける印刷手法です。

版を必要としないため小ロットでもコストがかからないというメリットがあり、データを修正するだけで印刷内容の変更が可能なため多品種で小ロットの印刷に適しています。
デメリットとしては、特色(金・銀・蛍光色などCMYKの掛け合わせだけでは表現できない色)が使用できないことや、緻密なデザインや微小な文字にはあまり向いていないことが挙げられます。

オンデマンド印刷はダイレクトメールなど一枚ずつ宛名が変更になるもの、社内資料など小ロットの印刷、パンフレット、名刺などの印刷によく用いられます。

◆網点
以下の写真は左がスクリーン印刷で印刷されたもので、右がオンデマンド印刷によるものです。スクリーン印刷の拡大は網点(小さいドット)が確認できますが、オンデマンド印刷ははっきりとした網点は確認できません。全てのオンデマンド印刷物でこのようなまだら模様になるわけではありませんが、使用する用紙によってはこのような模様になっています。
今回は、スクリーン印刷とオンデマンド印刷のご紹介をしました。
前回の記事と合わせて5種類の手法をご紹介しましたが、印刷手法にもそれぞれ特徴があり、それぞれの用途によって向いている印刷手法があります。

ご注文をいただいた際には、お客様のご要望に応じて最適な印刷を行えるよう検討を行い誠心誠意ご対応させていただきますのでラベルのご用命、ご質問などがございましたらこちらからお気軽にお問合せくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


※今回の記事は以下書籍を参考にさせていただきました。
カラー図解 印刷技術入門/株式会社 印刷学会出版部

印刷手法についてのご紹介 第1回

2021-05-31
カテゴリ:業務紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。
ゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか?
私は都城に隣接する三股町にある長田峡という峡谷へ行きました。
人も少なく、空気も澄んでいてマイナスイオンをたっぷり浴びることができました。

新型コロナウイルスの拡大により遠出はできませんが、感染対策を行いつつ近場でリフレッシュできていい休日となりました。

さて、今回は印刷手法についてご紹介します。
主な印刷手法には、版を使用する方法には凸版(とっぱん)印刷、凹版(おうはん)印刷、平版印刷、孔版(スクリーン)印刷の4種類があります。また、デジタル印刷としてオンデマンド印刷があります。

弊社が採用している印刷手法は凸版印刷、孔版(スクリーン)印刷、オンデマンド印刷になりますが、
他の印刷手法も合わせて今回と次回の記事の2回に分けてお話させていただきます。
この記事が印刷についてご興味をいただく一助となれば幸いです。
◆凸版印刷
凸版印刷とは、複製したい部分を凸状にしてインクをつける印刷手法です。
印鑑の原理と同じだと考えていただくと想像しやすいと思います。

凸版印刷は、凸部の周辺のインキ被膜が厚くなるため力強い画線部(マージナルゾーン)が得られ、文字の輪郭が鮮明になります。
さらに、主に樹脂の版を使用するため柔軟性に富み、段ボールなどの少し凸凹した素材にも対応できることがメリットです。
デメリットとしては、細い絵柄や線の再現にはあまり向かないことなどが挙げられます。

凸版印刷は主にシール・ラベル、名刺、帳票、段ボールへの印刷によく用いられます。
◆凹版印刷
凹版印刷は、凸版印刷の真逆で、複製したい部分をくぼませてその部分にインクをつける印刷手法です。

緻密な線を再現するのに適しており、凸版印刷や平版印刷では印刷しづらい素材も印刷できるというメリットがあります。また、金属の版を用いるため耐久性がとても高く大ロット印刷に適しています。
デメリットとしては、版代が高価になってしまい、小ロット印刷には向かないことなどが挙げられます。

主に写真集、美術書、プラスチックフィルム、軟包装材料、建材などの印刷によく用いられます。
◆平版印刷

平版印刷は、水とインキ(油)がはじきあう原理をいかした印刷手法です。平らな板に化学的にインクが付く部分(親油性)とインクがつかない部分(親水性)を作り、版全体にインクを乗せると、インクは油性のため親油性の部分にのみインクが乗り、親水性の部分には乗りません。この原理を利用することで、鮮明な印刷が可能になります。



さらに、凸版印刷や凹版印刷はインキを直接紙などの被印刷物に転写して印刷しますが、
平版印刷の代表例であるオフセット印刷では版のインキをいったんゴムや樹脂に転写してから、
それを被印刷物に転写して印刷するため版が直接被印刷物に触れず版の摩耗が防げ、大量生産を短時間で行えるというメリットがあります。
デメリットとしては、小ロットでは単価が割高になってしまうことなどが挙げられます。

主に新聞、ポスター、カレンダー、折り込み広告、書籍などの印刷によく用いられます。
◆網点
こちらの写真は左が凸版印刷で印刷されたもので、右がオフセット印刷によるものです。
それぞれの青色の部分を拡大してみると小さなドットが見えます。このドットのことを網点といい、
ただの青色に見える部分も青だけでなくピンクや白の網点の集まりで表現されていることが分かります。
今回は、3つの印刷手法についてお話しました。
次回は孔版(スクリーン)印刷、オンデマンド印刷についての記事になります。

ラベルのご用命、ご質問などがございましたらこちらからお気軽にお問合せくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


※今回の記事は以下書籍を参考にさせていただきました。
カラー図解 印刷技術入門/株式会社 印刷学会出版部

『測定業務』についてのご紹介

カテゴリ:業務紹介
初めまして。サニー・シーリング 品質保証部スタッフのTです。
この度、開発係のAさんと公式ブログを通して、皆さまに弊社の品質について様々な情報を発信させていただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

第1回目は、私が携わっている『測定業務』についてご紹介します。
測定業務とは、皆様にお届けする製品を定められた一定の基準(図面、仕様書等で規定された基準。寸法や重量、応力などの数値基準が主となります。)と比較をして、数値化し、照合することでその製品が基準を満たしているか確認を行う業務です。製品の「合否判定」を行う業務・・ともいえます。
そしてこの測定業務を出荷検査として行い、製品の品質を日々管理しています。

弊社では、様々な機器を使用して測定業務を行っていますので簡単に測定機器のご紹介をしたいと思います。
◆ガラススケール
その名の通りガラスのスケール(物差し)になります。
他のスケールと違う点は、ガラスの表面に等間隔の目盛りが正確につけられていて大変精密なものという点です。
このガラススケール、実はとても高価なもので・・・作業をするときはいつも落とさないようにドキドキしながら作業をしています。
◆画像測定器①
当社では『QS機』と呼んでいますが、正確には『QUICK SCOPE』といいます。
非常にコンパクトで、使い勝手がいい測定装置です。当社の測定業務では稼働率№1の機器です!
測定範囲は縦250mm×横200mm、高さも100mmまでは測定できます。
このサイズより大きい製品は『QV機(QUICK VISION)』という『QS機』よりも大きい機器で測定しています。
◆画像測定器②
3月に我が部署にやってきた期待のニューフェイス、『IM-8000』です。
ボタン一つで、一瞬で画像を読み込んで正確に測定値を出してくれる優れものです。
これから大活躍してくれる1台になります。
◆シックネスゲージ
製品や材料などの厚みを測る機器になります。小さいですが、測りたいものを挟むだけですぐに厚み測定が可能です。
他にも色々とありますが、主にこの様な機器を使用して出荷検査を行い、出荷検査で『合格』となった製品のみをお客様の元へお届けしています。当社では、「品質」をものづくりの最優先事項として掲げており、私も品質保証部の一員として貢献していきたいと思っています。

簡単でしたが、測定業務のご紹介でした。
今回ご紹介した機器は、次回より詳しくご紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

弊社開発品『耐熱再剥離ラベル』のご紹介

2021-04-22
カテゴリ:製品紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。
新年度が始まりましたね。当社では、新卒3名・中途3名の新入社員を迎えました。
初々しくフレッシュな様子を見て、自分が新卒の頃を思い出して懐かしい気持ちになりました。
サニー・シーリングでは随時社員の募集を行っておりますのでご興味がありましたらこちらのページも併せて読んでいただけますと幸いです。



今回は弊社開発品『耐熱再剥離ラベル』についてご紹介いたします。
耐熱再剥離ラベルとは高温環境下でも粘着を保持でき、更に再剥離性も併せもつラベルのことです。
特殊な用途向けの製品になりますが、半導体製造プロセスやプリント基板製造工程など、耐熱性や耐溶剤性が特に要求される過酷な環境下での生産管理、物流管理用バーコードラベル、表示用、マスキング用などの用途にご使用いただけるラベルになります。
◆耐熱再剥離ラベルの特長①
高温環境に対する高い耐性を持つ。


こちらは高温試験後の通常ラベルと耐熱再剥離ラベルの比較写真になります。
通常ラベル(左)は高温の影響により、基材が縮んでしまっていますが、耐熱再剥離ラベル(右)は高温による影響を受けておりません。



弊社内で実施した耐熱試験において、250℃環境下で150秒間の加熱を行っても大幅な剥離力の変化や、
層間剥離(ラベルを剥がそうとするとラベル表面の層だけが剥がれ、粘着面に薄い層が残ってしまうこと)、
糊残りなどの異常がないことを確認しております。
※上記は保証値ではなく、実験値であることをご了承ください。


◆耐熱再剥離ラベルの特長②
再剥離性を持ち、従来の耐熱ラベルより安価。

弊社では以前から”耐熱ラベル”を幅広く製造・販売させていただいておりますが、再剥離性はなく、かつ一般的なラベルと比較すると高価な価格帯になります。
この度、当社では、新たに再剥離性を付与し、さらには従来品と比較してより安価な材料で開発・製造することに成功しました。

「工程中では識別ラベルを使用したいけど、最終的には剥がして出荷したい・・・。更に安く済めば嬉しい。」といったお客様のニーズにお応えできます。
※写真は開発段階の製品イメージになりますので、ラベル形状などはお客様のご希望に沿って変更致します。
◆耐熱再剥離ラベルの特長③
糊残りしない。

通常のラベルは、高温で加熱すると粘着剤が柔らかく変化しベタついて綺麗に剥がすことが難しくなってしまいます(写真左側)。
しかし、耐熱再剥離ラベルは、粘着剤が劣化しないため糊残りせず綺麗に再剥離することが可能です(写真右側)。



耐熱限界を調べるため高温槽を用いて実験を行っておりましたので、日々暑さに耐えながらなんとか完成に至りました。
その甲斐あって、「高温環境下でもラベルを使いたいが、適したものがない」とお悩みであったお客様にお役立ていただける製品となりました。

また、クリーン環境にて製造を行っており、品質の面でも安心してご使用いただけます。
(写真はイメージです。)



「耐熱性、再剥離性、クリーン対応、リーズナブルプライス」など、従来にない、当社が自信を持ってお勧めできる新しいラベルとなります。現在、某ユーザー様においては最終テストの段階まで進めていただいております。その結果を受け、最終のアレンジを加える可能性はございますが、ユーザー様の用途や環境によっては現行品でもお使いいただける可能性が高く、かなりいい製品に仕上がってきていると感じております。

「耐熱再剥離ラベル」にご関心がありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


CCMについて

2021-03-27
カテゴリ:業務紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。

少し寒さが和らぎ、過ごしやすい日が増えてきましたね。
ここ都城も桜がほぼ満開です。当社は近くに桜の名所が多く、この時期は通勤路も桜でいっぱいになるんですよ。写真は、会社近くの公園に咲いている桜です。
年度末でバタバタと忙しく過ごされている方も多いかと思いますが、新年度を晴れやかに迎えられるよう、残り数日頑張りましょう!


今回は、CCMについてお話します。

CCMとはComputer Color Matching(コンピューターカラーマッチング)の略称で、これまで人間が行ってきた調色作業をコンピューターにより数値的に処理するシステムのことです。

人間の目に相当する分光光度計とコンピューターで構成され、さらにベテランの知能に相当する基礎データを登録することによりコンピューターによる調色計算を行います。

このシステムを利用することで、熟練者でなくてもスピーディーかつ高精度な調色が可能になります。

サニー・シーリングでは約20年前からこのCCM技術を取り入れた調色を行っております。
◆調色とは
ここで、一旦調色についてお話します。
調色とは、インクを混ぜ合わせて望みの色を出すことです。
インクには、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色の掛け合わせる割合を変えて表現するプロセスカラーと、
上記4色の掛け合わせでは表現できない色(蛍光色、パステルカラー、金、銀などを含む)を表現するために調合されるスポットカラー(特色)の2種類があり、
その特色を作成することを調色といいます。
◆CCMを取り入れた調色の手順
①製品ごとに登録されている製品コードをCCMシステムに入力します。
すると、その製品に使用されている特色のレシピが表示され、
目的の色を作るためにはどのインクとどのインクをどのくらいの割合で混ぜ合わせたらいいのか表示されます。
(以下の画面は参考です。)
②表示された処方量の通りに量り取り、練り合わせます。

③実際の印刷に使用される基材に練り合わせたインクをつけてみて、製品見本の色と差異がないか人の目でもチェックを行います。
④チェックを通ったインクを缶やパックへつめ、印刷オペレーターへ届けます。

上記①~④の流れで、弊社内にて特色作成をしております。

大ロット製品の場合は大量のインクを調色しなければならないため、個別にインクメーカーへ特色インキ作成を依頼することもあります。


また、新規の製品の場合は既存のデータがないためお客様からいただいた図面の色を測色機で読み込み、
下記①~③の手順で新たにデータを作成します。

① 測色機で色を読み込み、使用されているインキの予想候補とその割合を算出します。


② 実際に調色すると微妙に異なる場合もあるため、算出されたものを参考に、割合を微調整しながら調色して目的の色を出します。

③ 色が完成したら、次回注文時にも再現できるようそのデータを登録します。

②のように、特に新規製品の場合はコンピューターシステムの通りにただ調色すればいいわけではなく、色のプロとしての経験も重要になっています。

また、インクの状態と印刷後の乾燥状態では微妙に色の出方が違う場合もあり、乾燥状態での発色までを考えて配合の割合を微調整することもあるそうで「そこまで逆算して調色をしていたのか!」とプロの技術に驚きました。

以上のように、弊社ではお客様の希望される色を再現するためにCCMを早期に導入し、製品の高品質化に繋げています。

ラベルのご用命、ご質問などがございましたらこちらからお気軽にお問い合わせください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


TOPへ戻る