本文へ移動

サニースタッフブログ

スタッフブログ

こちらのブログでは、弊社の開発品紹介・各種測定機器紹介・シール、ラベルについてのお役立ち情報などをご紹介していきます。

弊社開発品『耐溶剤ラベル』のご紹介

2021-02-24
カテゴリ:製品紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。
寒い日が続いていますね。先日は宮崎でも少しだけ雪が降りました。
こちらの写真を見ていただくと「これだけしか降ってないの?」と感じるかと思いますが、うっすらと積もるだけでもかなり珍しいことで、小さい頃は雪が降ると嬉しかったものです。
でも最近は、冷え込みが厳しくなるので憂鬱に感じ、大人になったなぁと思います(笑)。
皆様も体調を崩されませんよう、ご自愛ください。

さて、今回は弊社開発品の紹介をさせていただきます。
第3回のブログでは超低温ラベルのご紹介をしましたが、今回は『耐溶剤ラベル』についてご紹介します。

臨床検査・病理検査では、スライドガラスに採取した細胞を顕微鏡下で観察します。
スライドガラスに付着させた細胞は、パラフィンで包埋(ほうまい)されており、この包埋過程及び細胞染色過程でキシレン、アセトン、アルコール、ホルマリンなどの溶剤が使用されます。これらの溶剤はラベルの粘着剤を溶かす性質があるため、臨床検査・病理検査の現場では「印字が消える」「ラベルが剥がれる」といったリスクを避けるため工程管理用バーコードラベルはほとんど使用されず、手書きによる検体情報管理をせざるを得ませんでした。

そのためヒューマンエラーが起こるリスクが高く、「溶剤に強いラベルが欲しい」との要望 を複数のお客様よりいただいておりました。 その要望にお応えし、日々検査を行う臨床検査技師の方々の心理的負担を軽減すべく開発したのが『耐溶剤ラベル』です。
◆耐溶剤ラベルの特長①
さまざまな溶剤・薬品耐性をもつ。

以下の一覧が、当社にて粘着耐性を確認した溶剤・薬品になります。
医療業界だけでなく、自動車業界、塗装・めっき業界、化成品業界などに利用される溶剤・薬品にも耐性を持ち、ラベルが剥がれることなく様々な分野でご活用いただけます。
(こちらの一覧は保証ではなく、弊社の実験結果であることをご了承ください。)
◆耐溶剤ラベルの特長②
印字内容が損なわれない。

通常のラベルは、臨床検査・病理検査における溶剤による浸漬・染色工程で、
印字が消えてしまったり、印字内容が損なわれてしまい検体情報の読み込みが行えなくなってしまいます。
しかし、耐溶剤ラベルは長時間キシレンに浸漬させても印字は消えません。
また、染色液によって印字内容が損なわれて検体情報の読み込みが行えないといったこともありません。

バーコードやQRコードでの検体情報管理が可能になることで、トレーサビリティの確保とヒューマンエラーのリスク軽減につながります。

完成するまでの6年間さまざまな基材、粘着剤、プリンターのリボンの組み合わせを試し、実際の医療現場へ持ち込み耐性試験を行いました。その成果が実り、現在たくさんの医療・研究機関に御引き合いをいただいております。

耐溶剤ラベルにご関心がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。



シールができるまで

2021-01-27
カテゴリ:業務紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。
今回も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
2021年がスタートしましたね。
本年も皆さまのお役に立つ記事をアップしていきたいと思います。2021年もぜひよろしくお願いいたします。

さて、今回はシールができるまでの工程をご紹介します。
シールといえば、子供用のキャラクターシール・商品説明ラベル・注意喚起表示ラベル・ラッピング用シールなど身近に多く利用されていますが、製造工程についてはご存じない方が多いのではないでしょうか?今回の記事で少しでもシールの製造工程について知っていただけたら、弊社社員として嬉しく思います。 
◆版作成
まず、お客様のイメージ通りのデザインに校正をし、版と呼ばれる型を作成し、ご依頼の印刷内容を反映させます。
版は1色に対し1つ必要になるため、印刷に3色使用されている場合3つの版が必要となります。版に汚れや異物が付着していると印刷に反映されてしまうため、念入りにチェックを行って印刷工程に引き継ぎます。
版作成担当によると、版の仕上がりで印刷の出来が8割決まるといわれており、大変なプレッシャーだそうです(笑)。
◆印刷
作成した版を機械にセットし、淡い色から順に印刷していきます。濃い色の影響を受けないようにするために、淡い色から印刷しています。温度や湿度によってインクの硬さが変化して色の出方が変わるため、微調整を行いながら見本通りに色を再現するのがオペレーターの腕の見せ所です!
◆チェック
印刷が正確に行われているか、以下5つの工程にてチェックを行います。
それぞれの工程で、認定を受けた専門の検査員が厳しいチェックを行っております。
ラベルは身近で気軽に使用してきたものだったため、「こんなに厳しい検査を経て出荷されるものなんだ!」と入社当時は大変驚きました。
①印刷内容の確認
ラベルがデザインデータと相違なく印刷されているか、専用のソフトで確認します。
②色の確認
色が見本通りに発色されているか、色差計にて確認します。
③位置ずれや印刷抜けの確認
位置ずれや印刷抜けなどが発生していないか、ポジフィルムと呼ばれる製品とまったく同じ印刷をしたフィルムを重ねて確認します。
④専用検査機にて全数検査
①~③の抜き取り検査に加え、最終工程として専用のラベル検品機にて全数検査を行います。ゴミの付着やラベルの抜け、印刷欠けなど、細かい不具合も見逃さず、不良品の排除を行っております。
⑤寸法測定
より細かい精度での寸法管理が求められるラベルにつきましては、画像測定機にてmm単位での寸法公差測定を行い、寸法が基準値内か確認します。
◆出荷
厳しい検査を合格したラベルを丁寧に梱包し、お客様へお届けします。


以上のように、サニー・シーリングではいくつもの工程を経て出来上がった高精度・高品質なラベルを、お客様のもとへお届けしております。
ラベルのご用命、ご質問などがございましたらこちらからお気軽にお問合せくださいませ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。 
 

弊社開発品『超低温ラベル』のご紹介

2020-12-24
カテゴリ:製品紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。
今回も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
今年も残すところあと数日となりましたね。2020年はどのような年でしたか?
皆さんにとって2021年がより良い一年になることを願っております。

第3回目となる今回は、弊社開発品の紹介をしたいと思います。
今回ご紹介する開発品は『超低温ラベル』です。
超低温ラベルとは、その名の通り"超"がつくほどの低温環境下で使用可能なラベルです。

バイオ・メディカル部門の各種細胞・組織などの検体は、保管や管理のために-196℃もの低温環境にさらされます。従来のラベルでは、その低温環境下では剥がれ落ちてしまうため、ラベルで検体情報の管理を行うことが困難でした。しかし、手書きでの検体管理となると、取り違えや読み間違えなどのヒューマンエラーが起こる可能性があります。


そこで、弊社独自の技術で超低温ラベルの開発にチャレンジ。試行錯誤を繰り返し、数年の開発期間を経て完成いたしました。
♦超低温ラベルの特長①
熱転写プリンタへ対応

超低温ラベルは、熱転写プリンタに対応しており1次元バーコード(Code128、Code39など)や2次元コード(QRコード、データマトリクス など)を印字可能となっております。
バーコード管理ができるようになれば、ヒューマンエラーの心配がなくなり、より安全に検体管理が行えるようになります。
♦超低温ラベルの特長②
結露に強い

一般的なラベルを超低温環境下に投入し常温環境へ戻すと、結露により剥がれ落ちてしまいます。それに対して弊社の超低温ラベルは、液体窒素による凍結状態から結露させてもラベルの剥がれは発生せず印字情報も消えないことを確認しています。
完成するまで何度も試作を繰り返し、寒い思いをしながら何度も極寒の環境で試験を繰り返した製品ですので、完成しさまざまな医療・研究機関で当製品が活躍している現状に大きな喜びを感じています。
超低温ラベルにご関心がございましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。
超低温ラベルの詳細はこちら
今回も読んでいただきありがとうございました。
次回もぜひよろしくお願いいたします。
◆試験の様子

『ボールタック試験』のご紹介

2020-11-28
カテゴリ:機器紹介
皆さんこんにちは。開発係のAです。秋に入って比較的暖かい日が続いていましたが、朝晩は冷え込む日が増えてきました。ここ宮崎県都城市は盆地のため、南国宮崎の中でも寒暖差が大きい地域になります。真冬の朝など、零下になることもあるんですよ。

さて、スタッフブログ第2回となる今回は、前回に引き続き粘着の物性を評価する試験方法の紹介をします。前回ご紹介した剥離試験は、粘着製品の「剥離力(粘着力)」を測定する試験でした。今回ご紹介するボールタック試験は、粘着製品の「タック」を測定する試験になります。
「タックって?剥離力とは違うの??」と疑問に感じる方も多いかと思います。私も入社するまで、この二つの違いについて知りませんでした。
◆タックと剥離力の違い
「タック」とは被着体に接触した際の濡れ性を表す力で、簡易的に表すと粘着の『ベタツキ』のことです。

「剥離力」とは、被着体に粘着製品を貼りつけて引きはがす際の力のことですので、タックと剥離力とは違う意味になります。
◆ボールタック試験
当社では、日本工業規格JIS-Z0237に準拠したボールタック試験機を使用し、製品のタックを測定しています。
30°に傾斜した板の所定の位置から、測定用のステンレスボールを転がし、測定部に停止したボールの大きさでタックの強さを評価します。
 
 
例えば、下図のように技術資料にボールタック試験の特性値がNo.6と記載があった場合、
No.6のボールを停止させる程度のタックの強さということになります。
特性値(実測値)
試験項目 特性値 試験方法
ボールタック試験 No.6
JIS Z0237
 
また、ボールNo.が小さいほどタックが弱く、ボールNo.が大きいほどタックが強くなります。
ボールの大きさは31種類あり、一番小さいボールと一番大きいボールでは、こんなに大きさが異なります!
 
小さいボールは注意して取り扱わないと、なくなる危険性大ですので、いつもヒヤヒヤしながら試験をしております・・・。
今回はボールタック試験についてお伝えしました。
最後までお読みいただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

『剥離試験』のご紹介

2020-11-05
カテゴリ:機器紹介
初めまして。サニー・シーリング開発スタッフのAです。
この度、公式ブログを通して皆さまに、当社の様々な情報を発信させていただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。
 
第1回目は、『剥離試験』についてご紹介します。
皆さまは、剥離試験という言葉を聞かれたことがありますでしょうか?
 
剥離試験とは、その名の通り各種ラベルなどの粘着製品の「剥離力(粘着力)」を測定する試験です。私が所属する開発係では、開発品の仕上がり確認のためにこの剥離試験を行っております。
剥離試験機には、90°剥離試験機と180°剥離試験機があります。この試験方法は、日本工業規格 JIS Z0237:2009(粘着テープ・粘着シート試験方法)に定められた、「90度剥離試験法」と「180度剥離試験法」に準拠しています。当社では、主に180°剥離試験を採用していますが、この2つの試験方式には下記のような特徴があります。
 
90°剥離試験
(長所)基材の影響が小さく粘着剤のみの評価を行いやすい/(短所)試験用の治具が若干複雑になる。
180°剥離試験
(長所)試験用の治具が比較的簡易。90°と比較して、粘着テープのたるみなどによる試験結果への影響が少ない/(短所)フィルム基材の厚さや弾性率の影響を受けやすい
 
実際、180°剥離試験機で粘着力が弱いラベルを測定しようとすると、安定した結果が得られません。そのため、弊社では粘着力が弱いラベルに関しては、90°剥離試験機を使用するという使い分けをしております。
ステンレス板に製品を貼り付け、一定の速度で90° or 180°方向に剥がした時に要した力を測定します。数値が大きいほど粘着力が強く、剥がすことが難しくなり、数値が小さいほど簡単に剥がすことが可能になります。
また、貼り付けから時間が経てば経つほど粘着力が強くなります。

このように、弊社では製品の品質管理のため、私たち開発係による剥離力の測定や、品質保証部による検証など、製品や材料に関する各種数値管理を徹底しています。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします
TOPへ戻る