本文へ移動

キャリアセパレーター

フィルムや両面テープの抜き加工関する用語とその説明をまとめました。

キャリアセパレーターについての説明

キャリアセパレーター

例えば、両面テープの抜き加工を行った場合、両面テープの粘着面が剥き出しにならない様にシリコンセパレーターでサンドする必要があります。その際、片方を重剥離力にしてもう片方を軽剥離力に設定します。軽剥離力側を台紙にすると、重剥離力側に両面テープを付けて運ぶ(キャリア)する事ができます。この事から両面テープ(製品)を運ぶセパレーターの事をキャリアセパレーターと呼びます。タブセパレーターと呼ぶこともあり、手で掴み易い両面テープの無い部分を確保した形状のものが一般的です。

キャリアセパレーターに関連する用語


この用語集には、業界や特定の分野特有の表現などが含まれている可能性があり、ケースによっては必ずしも適切・正確でない場合があります。
あらゆるケースにおいて正確性を保証するものではありません。参考資料の一つとして捉えていただければ幸いです。
株式会社サニー・シーリング

本社工場
〒885-0093 宮崎県都城市志比田町3744-1
TEL.0986-23-9364㈹
FAX.0986-23-9397

山口支店
〒753-0043 山口県山口市宮島町5-21
アストビル2F
TEL.083-920-3601㈹
FAX.083-923-5411

東京営業所
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-28-11
関根ビル2F
TEL.03-3537-6034
FAX.03-3537-6036

TOPへ戻る