本文へ移動

サニースタッフブログ

弊社開発品『耐熱再剥離ラベル』のご紹介

2021-04-22
カテゴリ:製品紹介
NEW
皆さんこんにちは。開発係のAです。
新年度が始まりましたね。当社では、新卒3名・中途3名の新入社員を迎えました。
初々しくフレッシュな様子を見て、自分が新卒の頃を思い出して懐かしい気持ちになりました。
サニー・シーリングでは随時社員の募集を行っておりますのでご興味がありましたらこちらのページも併せて読んでいただけますと幸いです。



今回は弊社開発品『耐熱再剥離ラベル』についてご紹介いたします。
耐熱再剥離ラベルとは高温環境下でも粘着を保持でき、更に再剥離性も併せもつラベルのことです。
特殊な用途向けの製品になりますが、半導体製造プロセスやプリント基板製造工程など、耐熱性や耐溶剤性が特に要求される過酷な環境下での生産管理、物流管理用バーコードラベル、表示用、マスキング用などの用途にご使用いただけるラベルになります。
◆耐熱再剥離ラベルの特長①
高温環境に対する高い耐性を持つ。


こちらは高温試験後の通常ラベルと耐熱再剥離ラベルの比較写真になります。
通常ラベル(左)は高温の影響により、基材が縮んでしまっていますが、耐熱再剥離ラベル(右)は高温による影響を受けておりません。



弊社内で実施した耐熱試験において、250℃環境下で150秒間の加熱を行っても大幅な剥離力の変化や、
層間剥離(ラベルを剥がそうとするとラベル表面の層だけが剥がれ、粘着面に薄い層が残ってしまうこと)、
糊残りなどの異常がないことを確認しております。
※上記は保証値ではなく、実験値であることをご了承ください。


◆耐熱再剥離ラベルの特長②
再剥離性を持ち、従来の耐熱ラベルより安価。

弊社では以前から”耐熱ラベル”を幅広く製造・販売させていただいておりますが、再剥離性はなく、かつ一般的なラベルと比較すると高価な価格帯になります。
この度、当社では、新たに再剥離性を付与し、さらには従来品と比較してより安価な材料で開発・製造することに成功しました。

「工程中では識別ラベルを使用したいけど、最終的には剥がして出荷したい・・・。更に安く済めば嬉しい。」といったお客様のニーズにお応えできます。
※写真は開発段階の製品イメージになりますので、ラベル形状などはお客様のご希望に沿って変更致します。
◆耐熱再剥離ラベルの特長③
糊残りしない。

通常のラベルは、高温で加熱すると粘着剤が柔らかく変化しベタついて綺麗に剥がすことが難しくなってしまいます(写真左側)。
しかし、耐熱再剥離ラベルは、粘着剤が劣化しないため糊残りせず綺麗に再剥離することが可能です(写真右側)。



耐熱限界を調べるため高温槽を用いて実験を行っておりましたので、日々暑さに耐えながらなんとか完成に至りました。
その甲斐あって、「高温環境下でもラベルを使いたいが、適したものがない」とお悩みであったお客様にお役立ていただける製品となりました。

また、クリーン環境にて製造を行っており、品質の面でも安心してご使用いただけます。
(写真はイメージです。)



「耐熱性、再剥離性、クリーン対応、リーズナブルプライス」など、従来にない、当社が自信を持ってお勧めできる新しいラベルとなります。現在、某ユーザー様においては最終テストの段階まで進めていただいております。その結果を受け、最終のアレンジを加える可能性はございますが、ユーザー様の用途や環境によっては現行品でもお使いいただける可能性が高く、かなりいい製品に仕上がってきていると感じております。

「耐熱再剥離ラベル」にご関心がありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


TOPへ戻る