本文へ移動

パンチ(加工)

フィルムや両面テープの抜き加工関する用語とその説明をまとめました。

パンチ(加工)についての説明

パンチ(加工)

当社の複合加工においては、パイロットピン(搬送用・位置決め用として金型に取り付けられたピン)を挿入するための「穴」が、台紙となる層(主にシリコンセパレーターなど)に必要となります。この穴はガイドホールともよばれ、抜き加工を行う際に材料を所定の位置に強制的に移動する役目を果たします。また、加工ピッチ(送りピッチ)のズレ防止などの役目も果たすなど、高精度加工において欠かせない「正確な位置決め」のための重要なプロセスになるのが、この穴加工(パンチ加工)になります。刃型による形状加工(抜き、ハーフカット等)と同時にパンチ加工も行うことが多く、プレス1ストロークの中で、加工されたパンチ穴にパイロットピンが一瞬先に入り、位置決めしながら抜き加工が施されるという方式が一般的です。

パンチ(加工)に関連する用語


この用語集には、業界や特定の分野特有の表現などが含まれている可能性があり、ケースによっては必ずしも適切・正確でない場合があります。
あらゆるケースにおいて正確性を保証するものではありません。参考資料の一つとして捉えていただければ幸いです。
株式会社サニー・シーリング

本社工場
〒885-0093 宮崎県都城市志比田町3744-1
TEL.0986-23-9364㈹
FAX.0986-23-9397

山口支店
〒753-0043 山口県山口市宮島町5-21
アストビル2F
TEL.083-920-3601㈹
FAX.083-923-5411

東京営業所
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-28-11
関根ビル2F
TEL.03-3537-6034
FAX.03-3537-6036

TOPへ戻る