本文へ移動

サニースタッフブログ

スタッフブログ

こちらのブログでは、弊社の開発品紹介・各種測定機器紹介・シール、ラベルについてのお役立ち情報などをご紹介していきます。

『ボールタック試験』のご紹介

2020-11-28
皆さんこんにちは。開発係のAです。秋に入って比較的暖かい日が続いていましたが、朝晩は冷え込む日が増えてきました。ここ宮崎県都城市は盆地のため、南国宮崎の中でも寒暖差が大きい地域になります。真冬の朝など、零下になることもあるんですよ。

さて、スタッフブログ第2回となる今回は、前回に引き続き粘着の物性を評価する試験方法の紹介をします。前回ご紹介した剥離試験は、粘着製品の「剥離力(粘着力)」を測定する試験でした。今回ご紹介するボールタック試験は、粘着製品の「タック」を測定する試験になります。
「タックって?剥離力とは違うの??」と疑問に感じる方も多いかと思います。私も入社するまで、この二つの違いについて知りませんでした。
◆タックと剥離力の違い
「タック」とは被着体に接触した際の濡れ性を表す力で、簡易的に表すと粘着の『ベタツキ』のことです。

「剥離力」とは、被着体に粘着製品を貼りつけて引きはがす際の力のことですので、タックと剥離力とは違う意味になります。
◆ボールタック試験
当社では、日本工業規格JIS-Z0237に準拠したボールタック試験機を使用し、製品のタックを測定しています。
30°に傾斜した板の所定の位置から、測定用のステンレスボールを転がし、測定部に停止したボールの大きさでタックの強さを評価します。
 
 
例えば、下図のように技術資料にボールタック試験の特性値がNo.6と記載があった場合、
No.6のボールを停止させる程度のタックの強さということになります。
特性値(実測値)
試験項目 特性値 試験方法
ボールタック試験 No.6
JIS Z0237
 
また、ボールNo.が小さいほどタックが弱く、ボールNo.が大きいほどタックが強くなります。
ボールの大きさは31種類あり、一番小さいボールと一番大きいボールでは、こんなに大きさが異なります!
 
小さいボールは注意して取り扱わないと、なくなる危険性大ですので、いつもヒヤヒヤしながら試験をしております・・・。
今回はボールタック試験についてお伝えしました。
最後までお読みいただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

『剥離試験』のご紹介

2020-11-05
初めまして。サニー・シーリング開発スタッフのAです。
この度、公式ブログを通して皆さまに、当社の様々な情報を発信させていただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。
 
第1回目は、『剥離試験』についてご紹介します。
皆さまは、剥離試験という言葉を聞かれたことがありますでしょうか?
 
剥離試験とは、その名の通り各種ラベルなどの粘着製品の「剥離力(粘着力)」を測定する試験です。私が所属する開発係では、開発品の仕上がり確認のためにこの剥離試験を行っております。
剥離試験機には、90°剥離試験機と180°剥離試験機があります。この試験方法は、日本工業規格 JIS Z0237:2009(粘着テープ・粘着シート試験方法)に定められた、「90度剥離試験法」と「180度剥離試験法」に準拠しています。当社では、主に180°剥離試験を採用していますが、この2つの試験方式には下記のような特徴があります。
 
90°剥離試験
(長所)基材の影響が小さく粘着剤のみの評価を行いやすい/(短所)試験用の治具が若干複雑になる。
180°剥離試験
(長所)試験用の治具が比較的簡易。90°と比較して、粘着テープのたるみなどによる試験結果への影響が少ない/(短所)フィルム基材の厚さや弾性率の影響を受けやすい
 
実際、180°剥離試験機で粘着力が弱いラベルを測定しようとすると、安定した結果が得られません。そのため、弊社では粘着力が弱いラベルに関しては、90°剥離試験機を使用するという使い分けをしております。
ステンレス板に製品を貼り付け、一定の速度で90° or 180°方向に剥がした時に要した力を測定します。数値が大きいほど粘着力が強く、剥がすことが難しくなり、数値が小さいほど簡単に剥がすことが可能になります。
また、貼り付けから時間が経てば経つほど粘着力が強くなります。
 
このように、弊社では製品の品質管理のため、私たち開発係による剥離力の測定や、品質保証部による検証など、製品や材料に関する各種数値管理を徹底しています。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。
TOPへ戻る