本文へ移動

低温セキュリティラベル

凍結管理用途に

●-80℃での証拠品・遺留品の保管に最適
●低温・結露に強い
●捺印適性や脆性加工等、カスタマイズ可能

一般的なセキュリティラベルでは、運用現場において「低温だと剥がれてしまう」「結露でボロボロになってしまう(特に紙系ラベルの場合)」などの不具合にお困りのユーザーの声をよくお聞きします。
当社の低温セキュリティラベルは、合成紙仕様で水に強く、特殊粘着剤により-80℃の環境においても強固に粘着力を維持します。
さらに、捺印適正を付与したタイプなど、用途に合わせたカスタマイズも可能です。
現在、研究所のセキュリティラベルとして採用のご検討を頂きつつ、更なる品質改良に取り組んでおります。低温下で使用されるセキュリティラベルをご検討の際には、是非当社にお声掛けください。サンプルもご送付可能です。

低温セキュリティラベルの特徴

構成と特徴

  • 任意の場所に貼付け後、ラベルを剥がそうとすると、第1層と第2層が層間剥離し2層目の文字が現れます。
  • 脆性加工により更にセキュリティ性が向上します。
  • 第1層、第2層の印刷内容、印刷色が変更可能です。
従来のセキュリティラベルでは、生産ロットのしばりが大きく、オリジナルデザインでは現実的な価格提案が難しかったのに対し、比較的安価にご提案できます。汎用セキュリティラベルとの差別化も可能です。

汎用品との比較

①常温での貼り付けには違いなし
②フリーザー(-80℃)に投入
③24時間後、開扉直後。当社品に変化なし。
一般品は粘着面から綺麗に剥がれ浮いていた。
当製品は-80℃の低温環境でも剥がれる事なく、しっかりと貼り付いています。-80℃から取出し直後も層間剥離しますのでセキュリティ性は失われず、低温環境下でも改ざん防止機能を果たします。

基本仕様

サイズ
76×28(mm)
脆性加工
既定型
印刷
各層1色(下図固定内容)
捺印適正
有り
第1層
第2層

オリジナル仕様

捺印適性なし・脆性加工変更・印刷内容変更・サイズ変更等、ご相談下さい。

捺印適正

ラベルに捺印が必要な場合のみ付与します。

脆性加工

ご要望に合わせて刃の向きや位置、形状を変更できます。
①事前に切れ目が入っている。
②無理に剥がすと切れ目から裂ける。
株式会社サニー・シーリング

本社工場
〒885-0093 宮崎県都城市志比田町3744-1
TEL.0986-23-9364㈹
FAX.0986-23-9397

山口支店
〒753-0043 山口県山口市宮島町5-21
アストビル2F
TEL.083-920-3601㈹
FAX.083-923-5411

東京営業所
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-28-11
関根ビル2F
TEL.03-3537-6034
FAX.03-3537-6036

TOPへ戻る